ひとりで過ごす、失った大切な人とあなたのための時間

 

大切な人やモノを失った悲しみから逃れるために

自分をごまかしたり、無理矢理忘れようとするのではなく

どんなココロも大切に生きてゆけたら…。

  

グリーフとは、大切な人やモノを失うことによる反応と

その過程のことを言います。

グリーフタイムは、日々の暮らしから少し離れた場所に身を置き

失った大切な人やモノに、失うという経験をしたあなた自身に

「ひとり」でそっと思いを向けるための時間です。

 

失った人やモノへの思いを表現する切り絵のようなワークや

大切な人や自分に宛てた手紙を書くワークを準備しています。

あったかい飲み物やグリーフに関わる本などもありますので

何もせず、ゆっくりと過していただくこともできます。

 

あなたらしく、グリーフを大切にできる時間を。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



2022年4月より、ワークで書いた手紙をお預かりし、その手紙を供養してもらうこと“も”できるようになりました。

和歌山県にある紀三井寺で、毎年4月に文塚供養奉賛会が「文供養」をしており、その時にお預かりした手紙の供養をお願いすることになります。


失った大切な人に宛てた手紙。 

あなたが紡いだ言葉は大切な贈り物。


そんな手紙を供養という形でお届けする流れができました。 

希望される方は(どんな感じか気になる方も)費用はかかりませんので、気軽にスタッフにお声がけください。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

次回のグリーフタイムは

2022年8月27日(土)14:00~16:30です。

それぞれにおひとりで行うワークになりますので、時間内、お好きなタイミングでお越しください(入室は16:00まで)。

 

場所:大阪・應典院 研修室A

 1階ロビーなどでやっていましたが、暑さの影響が大きいため、7〜9月は研修室Aに戻します。

費用:500円  申し込み・準備物:不要

問い合わせ先:

grieftime2009@gmail.com (スタッフ:佐脇)

 

当日の気分や調子に合わせて、無理のない参加をお願いしたいので

原則、申し込みは不要としています。

なにか不明な点や参加の意向を知っておいて欲しい等あれば、

問い合わせ先までご一報ください。

 

その次は2022年9月24日、10月29日の予定です。

今後も第4土曜日14:00~16:30を中心に開催予定です。

(2022年10月は第5週での開催になります。ご注意ください)

ただ、都合によりその通りに開催できない場合もあるため、

事前にFacebook等で開催の日程等を確認してもらえると幸いです。


   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


◇グリーフタイムFacebook

 http://www.facebook.com/grieftime2009

 

 

失った大切な人やモノに、そして、失うという経験をした自分自身に

そっと思いを向け、対話するための時間。

あなたらしいグリーフを。